【留学インタビュー】ニュージーランド留学で気づいた「自信」を持つことの大切さ

 

 

「留学に興味はあるけど、実際のところどうなんだろう?」

「留学って意味あるのかな?」

 

今回の記事はそういった疑問を解決します。

 

僕自身も留学前は必死に情報収集をしました。ただ、実際に留学した人から体験談を聞くなんて機会はなかなかないですよね。
ミキオ

 

本記事の内容

本記事では「留学が人生にどのような影響を与えたのか」にフォーカスを当てて実際に留学経験者にインタビューをしていきます。

この記事が「これから留学を考えている、もしくは留学を控えている方」だけでなく、より多くの方の人生の参考になればと思っています。

 

記念すべき第一回目は、ニュージーランドに1年間の留学経験がある、西南学院大学4回生の谷光大聖さんにお話を伺いました。

【聞き手:松尾幹生(mikioabroad運営者)】

 

谷光大聖 / 西南学院大学4回生 / 西南Mr. Contest 2018グランプリ / 400人規模のイベントを開催する団体ReCoの代表を務めながら、不動産事業の代表も兼任するなど福岡を中心に活発的に活動。地元福岡の番組にも多数出演。高校2年生の時にニュージーランドに1年間の留学経験。

 

 

ミキオ
こんにちは、ミキオです!今回は、谷光さんにニュージーランド留学での経験やその前後の人生などについてお話を伺いたいと思っています。

留学生インタビュー第一号です!どうぞよろしくお願いします!笑

 

プレッシャーがすごい...!笑

僕でよければ、ぜひよろしくお願いします!

谷光さん

 

留学は原点であり全て

 

ミキオ
まず早速なんですけど、谷光さんにとって留学とは何ですか?

 

一言で言うと、留学は今の僕を形造ってくれた全てであり、原点ですかね。留学してなかったら今の僕は確実に存在してません笑
谷光さん

 

 

ミキオ
そうなんですか!全てというと、今やってること全てに繋がってるってことですか?

 

そうですね。本当に全てのことに繋がっています。

今僕は2つの団体の代表をやったり、ミスターコンテストでグランプリをいただいたり、様々なところで活躍させてもらってるんですけど、

「もし、あのとき留学してなかったら......」と思うと夜も眠れません。笑

谷光さん

 

 

留学前はコミュ障の嫌われ者!?

 

ミキオ
留学がそこまで影響を与えてたなんて...。

ところで谷光さんは昔からそんなに行動的で社交的な人だったんですか?

 

いえいえ、全くですよ笑 

中学生の頃は極度のコミュ障で、人の悪口ばかり言ってたひねくれ者でしたし、友達なんて一人もいませんでした。

たぶん、当時のクラスメイトは僕の声を知らないんじゃないかな??笑

谷光さん

 

中学の時の谷光さん↑

 

ミキオ
え!?そんなに!?笑

 

はい笑 

そもそも人と関わる必要がないと思っていました。

小5くらいまでは明るい子だったんですけどね。先輩から妬まれだしたのをきっかけに塞ぎ込んでしまって......。

当時は勉強も運動も別段できない方ではなかったので、「一人でやっていこう」って思ったんです笑

谷光さん

 

ミキオ
そうだったんですね...。意外でした...。

なにか記憶に残ってるエピソードとかってありますか?

 

んー...、そうですねー...。

ほとんど記憶がないんですけど、唯一覚えてることといったら、

卒業アルバムの思い出ページに僕に対するコメントだけがほぼ無かったことですかね。

しかも唯一書いてあったメッセージが「ちん軽ボーイ」だったんですよ笑

谷光さん

 

ミキオ
ちん軽ボーイ!?笑

 

僕は当時、この言葉がどんな意味かわからなかったんですけど、後にその意味を知って、「ガーン」って感じでした笑

「インキャの割には女遊びしてる痛いやつ」て意味だったみたいです。笑

そもそもコミュ障だったので女の子とすら話せなかったんですけどね。笑

谷光さん

 

人生の転機は1人のイケメン留学生、ジョシュア君

 

ミキオ
しょ、衝撃的...。

でもそんな谷光さんが「留学をしよう」と思いたったきっかけってなんだったんですか?

 

きっかけはサッカーでした。

中学3年生の時の福岡県選抜で他エリアの競合メンバーが集まってたんですが、周りのメンバーがとても上手くて、個人プレーに限界を感じたんですよ。

その時に、「あぁ...自分1人の力って大したことないな」と思い、周りの人と協力することの重要性を知ったんです。

谷光さん

 

 

ミキオ
そうだったんですね...。でも確か、その時は友達ゼロ人だったんですよね...?

 

そうなんですよ。笑

ただ、そんなある日、僕の高校にニュージーランド人のジョシュア君という人が留学しにきたんです。

そして彼は日本語がまともに話せないのにも関わらず、たったの1日で100人くらい友達を作っていたんです。

谷光さん

 

ミキオ
す、すごいジョシュア君のコミュ力...。

 

たまらず僕はジョシュア君に話しかけました。「なんでそんなに友達を作れるの?」って。

すると彼は、「んー、特に意識してないからわからないけど、普通に僕みたいな人はニュージーランドにゴロゴロいるよ」っていったんです。

それで、「じゃあ僕もニュージーランドに行こう」と決意したんです。

谷光さん

 

不眠症と栄養失調!?留学先で死にかける

 

ミキオ
実際にニュージーランドに降り立ってみてどうでしたか?

何か困難等はありました?

 

う困難だらけでしたよ笑

まず最初の難関は「英語」でしたね。

現地について、最初にネイティブが話しかけてきた言葉が"How's it going!"だったんです。ハ、ハウジッゴーイング!?なんじゃそりゃ!?ってなりました笑

"I'm fine, thank you and you?"などのいわゆる日本型英語教育を受けていた僕にとって衝撃的でした。

谷光さん

 

ミキオ
それは留学あるあるですね笑

 

それともう一つはアジア人差別ですかね。

特に日本人はシャイなので、「なんでお前らは何も話さないんだ、どっかいけ!」みたいな感じで、当時は何を言われているかよくわからなかったんですけど、今思うと明らかに英語で何か悪口を言っていましたね笑

ただ、そんなことよりももっとやばかったことがあるんです。

谷光さん

 

ミキオ
もっとやばかったこととは...?

 

 

僕は現地で、寮生活ではなくてホストファミリーにお世話になっていたんでが、

3番目のホストファミリーまではとてもいいご家族だったんですよ。ただ、4番目のホストファミリーがとにかく酷くて...。

家事などを全て押し付けられた上に、ご飯まで作らされていました。朝は早く起きて薪割りに行かされたりもしました。

ただ、何よりもきつかったのは毎日、罵詈雑言を浴びせられていたことですね。

谷光さん

 

ミキオ
そ、そんなことが...。それはかなりきついですね...。

 

あまりにもきつすぎて、夜はほぼ睡眠が取れず不眠症になってしまいました。

食べ物は野菜しか喉を通らなくなってしまい、それ以降、大学1年生くらいまで白米を口にすることができなくなってしまったんです。

ただ、そんな経験があったからこそ、より一層「他人の気持ちを理解できる人間になろう」と心に誓ったんです。

谷光さん

 

 

英語はとにかくアウトプット

 

ミキオ
ういった経験が、今に活かされているんですね...。

やっぱり、言語が違うというのも1つの大きな壁だったと思うんですが、現地では英語の勉強とかはされていたんですか?

 

それが実は......、ついた当初は全く英語を勉強してなくて...笑

他の日本人やアジア人と毎日戯れてました。笑

谷光さん

 

ミキオ
え、そうだったんですか!?

 

はい笑 とにかく外国人と話すのが怖かったんです。

上手く話せない自分がいやで...。ただ、そんな中、自分の中でふと思ったことがあって、

「そういえば、ジョシュア君も日本語できてなかったのに友達作れてたよな...。

そうか!彼ら(ネイティブ)は僕たちに完璧な英語を求めてないんだ

ってことに気づいたんですよね。

谷光さん

 

 

ミキオ
たしかに...!

 

その次の日から日本人と関わるのをやめて、現地の学生の輪に入って積極的に話すようにしました。

すると気づかないうちに多くの友人ができていたんです。だんだんと英語学習にも身が入るようになりました!

谷光さん

 

ミキオ
具体的にどのように英語を勉強をされてたんですか?

 

とにかく現地ではフレーズ集を使って毎日覚えてましたね。

実はこれはネイティブと同じ勉強法なんです。現地で使われるフレーズをとにかくたくさん覚えることでだんだんと話せるようにもなるし、聞けるようにもなります。

谷光さん

 

ミキオ
なるほど!

 

また、アウトプットをするためにネイティブの友人と積極的に話すようにしたり、夜はオンライン英会話もしてました。

とにかく英語に触れる機会をできる限り増やしました。

谷光さん

 

オススメのオンライン英会話と活用法についてはこちら↓

 

留学でもっとも向上するのは英語力じゃない

ただ最も身についた能力は、実は英語力じゃなかったんですよ。
谷光さん

 

ミキオ
そうなんですか!?では何だったんですか?

 

”自信”です。とにかく根拠のない自信を持てるようになったんです。
谷光さん

 

 

ミキオ
自信...ですか...?

はい。

ホストファミリーからの嫌がらせやアジア人差別を乗り越えた経験。ひねくれ者だった僕でも英語を話せるようになり、たくさん友人ができた経験。

こういった経験を通して、圧倒的な自信がつきました。ちょっとやそっとのことでは動じなくなったんです。

谷光さん

 

ミキオ
すごい....。たったの1年間でここまで変われるんですね笑

 

そうですね。本当に留学行く前と後でまったくの別人ですね。笑
谷光さん

 

日本と世界の架け橋になる

 

ミキオ
現在、多方面で活躍されている谷光さんですが、将来の夢とかってあるんでしょうか?

 

はい、「具体的に何をするか」まで明確には決まってないんですけど、世界と日本の架け橋になりたい」と思っています。

また、僕の人生のビジョンもあって、それが「世の中の常識と思われている非常識を捉え、本質を見抜き、周りの人の人生を豊かにする価値を届けること」なんです。

谷光さん

 

ミキオ
すごい...!!学生の段階で人生のビジョンを持っている人ってなかなかいませんよね笑

なぜそのようなビジョンを思い描くようになったんですか?

 

そうですね。

背景としてはやはり今の世の中って、情報操作によって本当に価値のあるものがお客様に届けられていないことって結構あるんですよね。

なので僕は常にお客様ファーストで考え、本当に質の良いものを届けられるようなそんな世界を作りたいんですよ。

谷光さん

 

 

ミキオ
なるほど!

たしかに、お金に物を言わせて、質の低いものを販売している大企業は未だに結構ありますね。

片や、とても質の良いものを販売しているにも関わらず、資金力不足が故にその存在を知られることなく散っていく企業やサービスも多いですよね。

 

谷光さん
そうなんですよ。

だからそういった「偏った情報による不平等」を無くしていきたいと考えているんです。

 

これから留学を考えている人へ

 

ミキオ
最後になるんですが、これから留学を考えている、もしくは留学を控えている学生にアドバイスをお願いします!

 

留学を考えている人は、ぜひ留学に挑戦してみてください!「なんとなく成長したい」と思っている方は特にです。

留学先では、日本ではできない貴重な経験がたくさんできるので、それまでの自分の固定概念が外れ、”価値観”や”考え方”が大きく変わります。そんな経験ができるのは留学以外にないでしょう。

 

留学を控えている人へは、とにかく準備をしてほしいです。

僕が留学の前から身につけておきたかったスキルは3つあります。僕はこれらをいつも料理で例えるんですが、1つ目は英語力(包丁)、2つ目は日本についての知識(切るもの)、3つ目はコミュニケーション能力(切り方)です。

例えば、包丁(英語力)をいくら研いでも切るもの(知識)がなかったら意味がないですし、包丁(英語力)と切るもの(知識)があっても切り方(コミュ力)がわからなかったら意味がありません。

この3つが必要なんです。留学する前に、この3つのスキルをできるだけ高めておくと留学を最大限に活かせますよ。

谷光さん

 

 

まとめ

今回は谷光さんにお話を伺ったのですが、彼が一貫して重要視していたこと、それは「自分を信じること」つまり、「自信」でした。

学生でありながら、不動産やイベント団体の代表など様々な領域で活躍されている谷光さんの今後が楽しみですね。

あなたも人生に1度、海外に留学してみることで、自分の可能性を試してみませんか?

 

交換留学を検討している方はこちら↓

交換留学
あわせて読む交換留学にかかる費用と留学前に必要な4つのことを経験者が徹底的に解説します

続きを見る

 

TOEIC受験を考えている方はこちら↓

就活
あわせて読む就活にTOEICは必要?何点取れば有利になれるのか実体験を基に分析してみた

続きを見る

 

 

-留学経験者インタビュー
-, , , ,

© 2020 MIKIOABROAD